有効成分

しみやそばかすを薄くする化粧品に含まれている美白化粧品は、ビタミンC誘導体や、アルブチン、コウジ酸やエラグ酸というような成分です。これらは厚労省が認めている成分で、どのような働きをするか紹介します。

笑顔

More

医薬部外品

しみやそばかすを薄くする化粧品を選ぶ場合、医薬部外品指定かそれ以外かを考えていくことが必要です。医薬部外品とは、医薬品ではなないが医薬品に順ずるものという意味があります。

化粧する

More

常に使い続ける

しみやそばかすを薄くしたい場合、化粧品は常に使い続けるということが大切です。日頃のしみやそばかすの予防として使い続けることが効果を高めていくためには必要となります。

口紅を拭く

More

ピーリング

しみやそばかすのケアを行う場合、美白成分を含んだ化粧品と、ピーリングを併せてつかうことで相乗効果が生まれます。ピーリングは肌のターンオーバーを促進するのでとれにくいシミも落ちやすくなります。

美肌になる

More

シミやそばかすの種類

化粧品

肌の悩みで多いのが、しみやそばかすです。
多くの人に発生するもので、早めのケアを行わないと、なかなか消えないものになることがあります。
しかし、使っている美容化粧品が自分に合っていない場合、せっかくしみに効果がある化粧品を使っていても、効果がないということもあります。
自分のしみの種類がどのようなものなのかしっかりと見極めて、自分に合った商品を選んでいくことが大切です。
また、美白成分と謳われている成分は、どのようなものなのか、その成分がどの程度配合されているのか確認を行うことは非常に重要です。

美白化粧品の効果が非常に期待できるシミの中に炎症性色素沈着というものがあります。
炎症性色素沈着は、過去の皮膚の炎症やキズが色素沈着としてシミになっています。
肌が茶色くなり、あとから黒くなってできたシミを炎症性色素沈着といいます。
美白成分の中でもビタミンC誘導体とよばれる成分は、沈着したメラニンを薄くする働きや炎症を抑える働きがあります。
このしみは美白化粧品の働きを非常に期待することができます。

そばかすは、遺伝的なものや紫外線の影響で発生します。
色の白い人にできることが特徴です。
美容化粧品を使用することにより、ある程度薄くすることは可能です。
しかし、遺伝的要素が強い場合、美白化粧品だけでは対策があまり進まないこともあります。
美容外科でレーザー治療を行う他、紫外線対策も日常生活で必要になります。
美容化粧品でそばかすを薄くし、日常的にもケアを行うことが大切です。